>  > ローションを覚えてしまった

ローションを覚えてしまった

いつもちらっと付けてもらう程度だったんですよ、ローションは。ローションはAVでは定番ですし、風俗でもたまに使ったりしますよね。マットプレイのようにローションそのものが売りの所もあると思うんですけど、この前はローションを大量に使ったおかげでローションの良さに気付いてしまいました。いつもは手コキしてもらう際に風俗嬢が少量のローションを使ってくれる程度だったんですけど、前回は大量のローションを使ってくれたんです。これが凄かったんです。何をされるとかではなく、更にはどこがとかではなくローションのおかげで全身が性感帯になってしまったんじゃないかと錯覚するかのような時間を楽しめました。それこそ太ももとかお腹でさえローションの影響なのか快感だったような気がするんです。そういった気持ちになれるのってことに気付かされただけでもあの日ローションを使って良かったなって思いましたし、今後はもっと活用していきたいですね。

積極的で締りがある子

積極的な風俗嬢はそれだけで好感度が高まりますよね。受け身の子も嫌いじゃないんですけど、それはあくまでも受け身っていうシチュエーションが分かっている時ですよね。攻めてもらいたいのにあまり積極的じゃない風俗嬢は困ってしまいますけど、彼女は積極的に攻めてくれる風俗嬢でありがたいなと。それに彼女、締りのあるボディだったので見ているだけでそそられましたよ。ただ残念ながらAカップといったところですかね。さすがにあれでBカップは無理があるというか(笑)でも胸は小さいものの、体全体に締りがあったのでそれはそれで悪くはない、素晴らしいボディをしていたなって思いますし、何より微乳ということでかなり敏感でした。それだけでも嬉しいじゃないですか。積極的に攻めてくれると思ったら、実は受けに回ると敏感。男にとって最高のスペックの風俗嬢だったんじゃないかなって(笑)それだけに、とても素晴らしい満足感に支配されたかなって。

[ 2017-02-20 ]

カテゴリ: 風俗体験談